2022年 秋冬の新商品

11月1日(火)よりCohanaから秋冬の新商品が登場します。
新しく5つのアイテムが加わりました。

日に日に秋の気配が感じられ、
てづくりがより一層楽しくなる季節。
新しい道具と素敵なてづくり時間を過ごしませんか。

発売に先駆けて、商品ラインアップをご紹介します。

人気の漆塗りのはさみシリーズに、裁ちばさみが加わりました

漆塗りの関の裁ちばさみ

刃物の街、岐阜県関市でつくられた裁ちばさみのハンドルに、愛知県の仏具の漆職人が漆を塗り、高貴な光沢を放つ漆塗りの裁ちばさみに仕上げました。
年月を重ねるごとに、味わい深く美しい艶があらわれ、漆独特のなめらかな質感が手にしっくりなじみます。

------------------------------
■産地:岐阜県関市・愛知県名古屋市
漆塗りの関の裁ちばさみ:
溜塗り 14,850円(税込)/ 朱塗り 13,750円(税込)

ざくざくとしたお手玉のような手触りです

革友禅の文ちん

Cohanaのモチーフでもあるお花が、ポコポコと愛らしく咲く、革友禅で包んだ文ちん。洋裁の型紙や布の固定はもちろん、ペーパーウェイトとしてもお使いいただけます。
実用的でありながら、手づくりの時間が華やかで楽しくなる革友禅の文ちんです。

------------------------------
■産地:大阪府生野区
革友禅の文ちん:3,850円(税込)

江戸後期から親しまれてきた「榛原千代紙」でつくりました

榛原千代紙の糸通し

江戸後期、東京・日本橋で生まれ、多くの人々に親しまれてきた「榛原千代紙(はいばらちよがみ)」。伝統的な柄から3種類を厳選し、糸通しをつくりました。
上質な和紙のなめらかな手触りと安定感のある持ち手で、小さい針穴への糸通しもスムーズです。六角形は調和や安定を象徴する縁起がいい形とされ、お祝いや特別な贈り物に昔から使われてきました。

------------------------------
■産地:東京都日本橋
榛原千代紙の糸通し(3個入り):1,430円(税込)

職人が手仕事で作る繊細な針を千代紙に包みました

榛原千代紙で包んだ刺繍針セット

布通りのよい広島針を「榛原千代紙(はいばらちよがみ)」で包みました。榛原千代紙は、江戸後期、東京・日本橋で生まれ、多くの人々に親しまれてきた。
刺し子針には「組木(くみき)柄」、クロスステッチ針には「瓢箪(ひょうたん)柄」、フランス刺繍針には「尾長鳥に牡丹(おながどりにぼたん)柄」を使用し、伝統的な『たとう折り』で包んでいます。

------------------------------
■産地:東京都日本橋、広島県
榛原千代紙の刺繍針セット:各990円(税込)
刺し子針・クロスステッチ針・フランス刺繍針

-Cohana日本橋本店・オンラインストア限定アイテム-

収納に便利なお裁縫箱が加わりました

榛原千代紙のお裁縫箱

必要な道具がすっきり収まるよう、サイズや設計にこだわりました。サイズは大・小の2種類。道具の大きさに合わせてお選びいただけます。
お手持ちのお道具のほか、Cohanaのいろいろな道具を入れてお使いいただけます。

------------------------------
■産地:東京都日本橋
榛原千代紙のお裁縫箱:
大 4,730円(税込)/ 小 3,630円(税込)

発売日|2022年11月1日(火)

発売日までしばらくお待ちください。

TOPへ戻る