Home

はさみを新調しませんか?

のんびりお正月気分も過ぎ去り、いそいそと動き出し始める時期ですね。

 

年始に道具を一新すると、よい一年になるといわれています。

「新しいスタートを切る」という意味を込めて、新しい気持ちではさみを新調しませんか?

 

今回は「庄三郎 伊賀くみひもの糸切ばさみ」をご紹介します。

 

庄三郎 伊賀くみひもの糸切りばさみ

 

庄三郎の糸切ばさみ

糸切りとしてはもちろん、しつけや縫い目をほどく時に欠かせないのが糸切ばさみ。

庄三郎のはさみは、しなやかな使い心地と繊細な切れ味が際立つ、伝統的なはさみです。

品質の高さから、洋裁・和裁と幅広く愛用され、海外にもその名を知られています。

 

その歴史は古く、1800年代に遡ります。

刀鍛冶であった吉田弥十郎は、自らの刀鍛冶技術を生かし、“日本のはさみ”の製作研究に取りかかりました。

 

初代庄三郎はその製造技術を引き継ぎ、現在も、直系の職人が品質に妥協することなく、一丁ずつ真心をもって作り続けています。

 

庄三郎について詳しくはこちら

 

伊賀の組紐(くみひも)

組紐は、映画「君の名は。」に登場し一躍話題となりました。

「組台」を使ったシーンが印象的に描かれています。

 

伊賀は、組紐三大産地のひとつ。伝統的な技法が今も継承されています。

三重県伊賀の地でくみひもを作る松島組紐店さん。

店主の松島俊策さんは伝統工芸士としての知恵と経験を生かし、組み味のある紐作りにこだわります。絹糸の光沢を生かし、伝統の美しさをもとめ続けています。

 

松島組紐店について詳しくはこちら

 

Cohanaの糸切ばさみは、庄三郎さんの糸切ばさみに、松島組紐店さんの伊賀くみひもを、

一丁一丁手巻きしてつくっています。

 

くみひもの色は、いぶし加工された鋼との相性を確認しながら、何度も試作して染め上げました。真ちゅう製のボタンがほどよいアクセントとなり、より一層モダンに仕上がっています。

 

新しいスタートにふさわしい、こだわりの逸品です。